ほうれい線対策ができるエクササイズ方法を指南

ほうれい線対策ができるエクササイズ方法を指南

ほうれい線を根本から改善する"表情筋エクササイズ"のススメ

HOME » 今日から始めるほうれい線対策ナビ » ほうれい線予防の心得

ほうれい線予防の心得

日常生活におけるほうれい線予防と対策についてガイドします。姿勢や表情、マッサージの方法など。毎日気付かないうちに、自分の生活習慣が顔に負担をかけている可能性も。今すぐこちらでチェックして、ほうれい線の予防に取り組みましょう。

要注意!ほうれい線ができやすい生活習慣

チェック頬杖をつく
頬杖をつくと皮膚が伸ばされてたるみやすくなります。特に乾燥などで肌にダメージを受けている場合は要注意です。

チェック横を向いて寝る
人間の頭は案外重いものです。横向きで寝ると下の顔が圧迫されてしまいます。その結果、骨格や歯並びが歪んでたるみが出ることも。実は、私は歯医者さんのレントゲンで、これが原因で歯が歪んでいることが発覚しました。片方だけほうれい線があるという方は寝るときの姿勢も見直してみてください。姿勢は本当に大事です。

チェック表情が少ない
このサイトで何度かふれていますが、顔のたるみの原因の一つは顔の筋肉の衰えです。普段、無表情で顔の筋肉をあまり使わないと、筋肉が衰えてほうれい線が出やすくなります。

チェック顔を下に向けてうつむくことが多い
うつむきグセがある人は顔の筋肉を使うことが少ないため、口角や頬のたるみが現れやすくなります。

チェック肌に負担がかかるマッサージ
肌はとてもデリケートなもの。マッサージで肌を傷つけるとコラーゲンが破壊されてたるみの原因となることも。長時間のマッサージ、リンパの流れと逆方向のマッサージ、力が強すぎるマッサージは避けましょう。マッサージを行うときはゲルや保湿クリームをたっぷり塗って肌に負荷がかからないように。乳液でのマッサージはngですよ。

 
ほうれい線対策ができるエクササイズ方法を指南